【保育士が選ぶ】生活習慣が身につく1歳児におすすめの絵本10選

絵本を見る子ども絵本
この記事は約5分で読めます。

読み聞かせが良いとは聞くけれど、どんな絵本を読めばよいのだろう?とお困りですか?

1歳の子どもたちは、歩いたり、話したり、身の回りの生活習慣も身に付けていったりと、劇的に成長をみせてくれる時期ですね。

この記事では、そんな1歳児におすすめの絵本を10冊紹介します。保育園でも大人気の、絵本を通して、お子さまの成長を手助けしていける絵本ばかりです。

 ぜひ参考にして、お子さまとの絵本ある生活を楽しんでください。

スポンサーリンク

1歳児におすすめ!歩くのが楽しくなる絵本

くつくつあるけ

一歳になると、上手に歩けるようになり、お散歩デビューしたり公園で遊んだりできるようになりますね。でも、靴が嫌!!と言う子って結構多いです。そうならないために、この絵本を読んでおくと、「靴をはやく履いてみたいなー」という気持ちにさせてくれる絵本です。

1歳児におすすめ!指さしを促す絵本

きんぎょがにげた

 1歳半検診で、「指さしが出来るか?」チェックされることが多いようですね。この絵本できんぎょがどこに逃げたかな?と遊んでいるうちに、自然と絵本で指さしをすることを覚えることが出来ます。

1歳児におすすめ!食べるのが楽しくなる絵本

おやおやおやさい

 離乳食もそろそろ終わりに近づき、幼児食が食べられるようになってきますね。「にんじん」「かぼちゃ」など身近な野菜をことば遊びで楽しく覚えられる絵本です。

食事中にも、絵本のフレーズが出てきて楽しくご飯を食べられること間違いなし♪食育にもつながる一冊です。

きょうのおやつは

絵本を90℃に開いて見る、かがみの仕掛け絵本です。立体的に見えるので、楽しく見ることが出来ます。絵本を読んだ後は、おままごとでホットケーキを作る子も多いです。思わずホットケーキを作りたくなる素敵な絵本です。1ページ1ページが分厚いので、赤ちゃんでも絵本を破いてしまう心配がありません。

1歳児におすすめ!はみがきが楽しくなる絵本

はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう!

 小さい子どもって、歯磨きが嫌いなお子さんが多いですよね…。口の中に食べ物以外の異物をいれられるのだから、当然の反応なんですが、それでは虫歯になってしまう…。そんな時は、歯磨きを楽しいものだと思ってもらえればOK!この絵本は、歯ブラシを電車にみたてています。この絵本を読んだ後に、お子さんの歯ブラシも電車に見立てて「しゅしゅしゅ」とすれば、お子さんも口を開けてくれるかもしれませんね!

1歳児におすすめ!トイレトレーニングへ繋げる絵本

ひとりでうんち できるかな?

トイレトレーニングは、膀胱におしっこが貯められるようになったり、「おしっこしたいな」という尿意が感じられるようになるタイミングで始めるのがベストですが、絵本を通してトイレのことについて知っておくと、心の準備につながります。まずは絵本で楽しく遊ぶだけでOK!ぜひ1歳から取り入れてみてください。

1歳児におすすめ!着替えをやる気にさせてくれる絵本

おててがでたよ

小さな子が一生懸命ふくを着る様子が描かれた絵本。この絵本を読んだ後に「あんよはどこかな?どこかな?」なんて声をかけながら、着替えをしてみると、ここから足を出せばよいのだなという見通しが持ちやすくなりますね。繰り返し読んで楽しめる絵本です。

1歳児におすすめ!おやすみ前の一冊に

もうねんね

 ロングセラーの絵本ですね。優しいタッチで描かれた絵本で、見ているとなんだか本当に眠くなってくるから不思議です。我が家では、「寝る前に絵本を一冊読んで寝る」習慣があります。絵本を読んだら寝る!と子どもも分かっているのでスムーズに布団に入ってくれます。また、絵本は座って落ち着いて見るので、心を穏やかにするという意味でも有効です。ぜひ、おやすみ前に絵本を取り入れてみてください。

1歳児におすすめ!色を覚える絵本

まるまるまるのほん

「黄色いまるを5回クリックする」「こすってみる」など、指示があり、ページをめくると丸が動くというアナログとデジタルがコラボレーションしたような不思議な絵本。まずは赤・青・黄色を覚えるのに良いのではないでしょうか。1歳では理解できないところも多いですが、色に触れるという意味では良いと思います。1歳で買っても小学生頃まで遊べる絵本です。

くれよんのくろくん

 色んな色に触れるのには、こちらの絵本がおすすめです。1歳を過ぎるとお絵かきも出来るようになりますね。クレヨンという身近な物で楽しく色を覚えていくのにピッタリの一冊です。最後には削り絵の技法も自然と学ぶことが出来、内容が理解できるようになった年長さんが絵本を真似してみる様子もよく見られ、こちらも長い間楽しめる絵本です。

毎日の生活に絵本を取り入れて、上手に生活習慣を身につけよう!

いかがだったでしょうか?

絵本を通して楽しく生活習慣を身に付けるだけでなく、絵本を生活の一部として取り入れていくのに、1歳の小さなうちから読み聞かせを続けていくことは、とても効果的です。

また、読み聞かせは、親子のコミュニケーションの手段にもなり、パパママの育児ストレス軽減にもつながると言われています。

ぜひ、この機会に毎日の生活に絵本を取り入れていきましょう!


ブログランキング・にほんブログ村へ
絵本
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ななかまど
ななかまど

大学で発達心理学を学び、幼稚園教諭→保育士→妊娠を機に退職して、現在は娘、長男、次男の三児の母です。産後は、ベビーマッサージとスキンケアについて勉強。現在は、ドタバタ育児真っ最中です!!元保育士でも我が子には、怒ったり、イライラしたり、悩んだりする普通のママです。でもせっかくの子育て、楽しく出来たら幸せですよね?!アンガーマネージメントの心理療法を使って、気楽に育児を実現出来ました!あなたも一緒に辛い子育てから解放されて、楽育しましょ♪
趣味は、子連れ旅行です♪
Twitterで、ブログ更新情報や子育て情報つぶやいてます。気軽にフォローしてね♪

ななかまどをフォローする
ななかまどをフォローする
子育て楽

コメント

タイトルとURLをコピーしました