【1歳】絵本を見ない子へ保育士が心がけるたった1つのこと

絵本を読むこども悩み
この記事は約6分で読めます。
ななかまど
ななかまど

こんにちは!ななかまどです。

うちの子、絵本をぜんぜん見ない!ページをどんどんめくってしまう!破いてしまう!と悩んでいますか?

実は、そのようなお子さんへ保育士が心がけているたった一つの事を理解すれば、お子さんは絵本を見るようになります。

この記事では、保育士が心がけているたった一つのことと、そのようなお子さんへ保育士が実践している具体的な5つの対処法についてお話します。

この記事を読めば、「なぜ絵本を見ないのか?」「どうすれば見るようになるのか?」「破いてしまった場合どう対応すればよいのか」がよくわかります。

ななかまど
ななかまど

絵本をなかなか見てくれず、悩んでいるママはぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

1歳の子が絵本を見てくれない理由

「絵本を見てくれない」というのは、1歳児を持つママによくある悩みです。

なので、お子さんが絵本を見てくれなくても、「うちの子だけ絵本をぜんぜん見てくれない」と問題視する必要はありません。

とはいえ、絵本を取り入れていきたいママにとっては、なんとか絵本に興味を持ってもらいたいですよね。

そこで、まずは一歳の子がなぜ絵本を見てくれないのか?考えられる点をあげてみました。

1歳の子が本を見ない理由
  • 内容が難しくて理解できない
  • ページをめくることを楽しんでいる
  • 今は本より他にやりたいことがある
  • そもそも集中力は短い
  • 絵本に親しみがない

保育士が心がけているたったひとつのこと

ななかまど
ななかまど

結論から言いますと、1歳児が本を見るようになるために心がけていることは、「絵本を好きになってもらうことただ一つです。

これさえ頭に入れて、お子さまと関わっていき、お子さまが絵本を好きになってくれれば、お子さまは間違いなく絵本を見るようになります。

では、どうやって絵本を好きになってもらうのか?具体的にお話していきます。

保育士が実践している具体的な5つの対処法

絵本を好きになってもらうために保育士が実践している5つの対処法をお話します。

簡単な絵本を選ぶ

 まず、1歳の子は集中力がとても短く、長い本や難しい本は理解できません。特に、まだ絵本を読む習慣がない子は、2,3ページでも興味を持ってくれればOK!というつもりでいると良いです。

 興味を持つ内容も、その子によってそれぞれ異なります。色んな本を読んでいく中で、興味のありそうなものを見つけていくと良いですね。

子どもがめくるのに合わせて読む

 絵本を読み聞かせているのに、ページを勝手にどんどんめくってしまうというお子さんも多いですよね。それは、ページをめくることを楽しんでいるのかもしれません。

 「絵本を好きになってもらう」ことが目的なので、読み聞かせはすべて本の通りに読まなくてもOK!お子さんがページをめくるのに合わせて、内容を飛ばしたり、要約したり、お話を作ってしまってもOK!

ななかまど
ななかまど

自由な発想で絵本を楽しみましょう!

子どもが見たい時が読み聞かせの時間

 お子さまが、今は絵本より動きたい!遊びたい!と思っている場合、絵本を強制することは「絵本を好きになってもらう」こととは相反しますね。

 お膝の上で読んであげることが多いと思いますが、お子さんが途中でお膝から降りていった場合は無理に聞かせようとせず、お子さんの気持を優先してあげましょう。

 ちょっと、気がそれただけで、気になる物を触ったら、またママのお膝に戻ってきて絵本を見る!なんてこともありますよ。

 気をそらすものが出来るだけ少ない所で読む(例えばテレビは消しておくなど)という手もありますね。

子どもの手が届くところに絵本を置く

 ご自宅の絵本は、お子さんが自分でいつでも取り出せる場所にありますか?

まず、絵本に親しみを持つためには、本棚から絵本を次々に取り出して散らかすだけ!なんてことも大切です。

自分で触れない物を身近な存在に感じたり、親しみを持つことは難しいですよね。

そのうち、その絵本を「読んで!」とママに持っていけば、ママのお膝の上に座っていつでも読んでもらえるんだ!とわかるようになり

自ら「絵本を読んでほしい」と思うようになる。

「絵本を身近な存在にする」ことが「絵本を好きなってもらう」第一歩ですね。

大人も絵本を楽しむ

 大好きなママが楽しそうに絵本を見ていると、お子さんも「なんだろう?そんなに楽しいのかな?」と興味を示しやすくなります。

 ただ、絵本を読むだけでなく、「あ、わんわん出てきたね!」「あれ?どこに行っちゃうのかな?」「わー!すごいねー!」とお子さまと会話をしながら読んでいくとコミュニケーションも取れて、

【絵本の時間=ママとの楽しい時間】と思えるようになり、結果的に「絵本が好き」に繋がっていきます。

絵本を破いてしまう子への対応

 絵本に関する悩みで「絵本を破いてしまう」というのもよくある悩みですね。

でも、安心してください。絵本を破いてしまうのは、決して絵本が嫌いだからではありません。

むしろ「絵本を自分で手に取って、破いている」ということなので、絵本を遊び道具として身近に感じられている証拠ですね。

ただ、絵本の使い方を少し間違えてしまっているだけのことです。

絵本をやぶいてしまう理由
  • 絵本を破くことが駄目なことだとわからない
  • 力加減がわからない
  • 破くことが楽しい

なので、破いてしまった場合は、「あー!」とびっくりして見せて、「絵本が痛いって泣いてる」と、大げさに悲しんでみせるのが効果的です。

1歳の子でも、大好きなママが悲しんでいるのは、嫌だと感じます。

そして、子どもと一緒に絵本を直してあげるのが良いと思います。保育の現場ではBコートという透明のテープが後々変色しないのでよく使われていますが、ご自宅ではセロテープでも良いと思います。

お子さんの目の前で一緒に直してあげることで、「破いたら駄目だったのだ」ということを学びます。

とは言っても、絵本って高価な物で、ついつい怒ってしまいたくなりますよね…。

まだ破いてしまううちは、破かれない対策として、1ページ1ページが破れない厚い本も売っています。そのような本を選んで購入したり、中古本にして様子を見るという手もありますね。

また、破くことが楽しいというお子さんには、新聞紙や広告など、破いてもOKなものを与えましょう!

ななかまど
ななかまど

新聞ちぎりは、指先の発達を促すことが出来ておすすめです。保育園でも「新聞遊び」という時間があるほど、破くという行為は、お子さんの成長にとっても重要な役目を果たします。

最初は、うまく破けない子もたくさんいますよ。普段の遊びの中にぜひ取り入れてみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

絵本を好きになること!こそが読み聞かせの第一歩です!

絵本が身近な存在になり、楽しい!好き!と思えれば、お子さんは自分から絵本を手に取り、楽しめるようになります。

最初から最後まで、文の通り読み切る必要はありません。

お子さまの年齢に合った絵本を選んだら、あとは自由な発想で、ママもおこさまと一緒に絵本を楽しんじゃいましょう!

ななかまど
ななかまど

子どもは、大好きなママ・パパと一緒に何かする時間が一番好きです!



ブログランキング・にほんブログ村へ
悩み 絵本
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ななかまど
ななかまど

大学で発達心理学を学び、幼稚園教諭→保育士→妊娠を機に退職して、現在は娘、長男、次男の三児の母です。産後は、ベビーマッサージとスキンケアについて勉強。現在は、ドタバタ育児真っ最中です!!元保育士でも我が子には、怒ったり、イライラしたり、悩んだりする普通のママです。でもせっかくの子育て、楽しく出来たら幸せですよね?!アンガーマネージメントの心理療法を使って、気楽に育児を実現出来ました!あなたも一緒に辛い子育てから解放されて、楽育しましょ♪
趣味は、子連れ旅行です♪
Twitterで、ブログ更新情報や子育て情報つぶやいてます。気軽にフォローしてね♪

ななかまどをフォローする
ななかまどをフォローする
子育て楽

コメント

タイトルとURLをコピーしました