トイレトレーニングはいつから始める?目安や準備・進め方を徹底解説

悩み
この記事は約10分で読めます。

トイレトレーニングは、いつからどのように始めたら良いのだろうと悩んでいますか?

この記事では、トイレトレーニングを始める目安、事前準備、進め方、成功させるためのコツなどを、元保育士で3人の子どもを育てる先輩ママが、図解付きで分かりやすく解説します。

以下の方法で、2人の子どもたちは、スムーズにオムツを卒業出来ました。現在1歳の3人目もこの方法で進めていきます。

この記事を読めば、パパママもお子さんも無理なくトイレトレーニングを進められるでしょう。

あなたもお子さんも楽しいトイレトレーニングをスタートさせましょう!

スポンサーリンク

トイレトレーニングはいつから始めるのか

2~3歳から始める人が多いが個人差がある

トイレトレーニングは、一般的に2~3歳頃から始める方が多いですが、お子さまによって個人差があります。

何歳になったから始める!ではなくて、お子さんがトイレトレーニングを始められる準備が整った時が、まさにトイレトレーニングのはじめ時だと理解しましょう。

はじめ時がいつか?というお話は、下の「トイレトレーニングを始める目安は?」で詳しく解説していきます。

夏がおすすめ!

トイレトレーニングは夏がおすすめと良く言われますが、それには様々な理由があります。

必ず夏に始めた方が良いということはありませんが、理由を理解した上で、いつにするか判断出来たら良いと思います。

間隔があきやすい

夏は、暖かいこと、汗をかくことから、おしっこの間隔が冬に比べると長くなる傾向があります。大人でも寒いとトイレに行きたくなりますよね。

おしっこをする間隔が長い方が、トイレに誘う頻度も減り、負担なく続けられます。

洗濯物がすぐ乾く

トイレトレーニング中は、パンツを汚すものだと思っておきましょう。

洗濯物が何枚も出るので、すぐに乾く夏場の方が、ママの気持ちが楽ですね。

カーペットなどがいらない

冬場は寒いため、カーペットを敷いている家庭も多いのではないでしょうか?

カーペットやこたつ布団などが汚れると、洗うのも大きな手間になりますね。

そうすると、ママに心の余裕がなくなってきてしまいます。

夏なら、フローリングやプレイマットなどを利用し、汚しても拭いたり、汚れた部分のみ洗えば済むので楽です。

トイレが寒くない

トイレトレーニングを始めるには、トイレにいくことになりますが、そのトイレが寒いというご家庭は、トイレに行きたがらない原因の一つになってしまうこともあります。

冬場にはじめる場合には、トイレを暖かくする工夫が必要ですね。

幼稚園入園が目標ですが焦らずに!

幼稚園に入園するまでにオムツを外すように言われた

という話をよく聞きます。

園の方針は、その園によって様々ですが、たいていの幼稚園では「入園までに外れるように頑張りましょうね」という対応ではないでしょうか。

幼稚園や保育園も同様ですが、3歳児からの保育では1クラスを1人か2人の担任が受け持っている場合がほとんどです。

集団生活の中で、まだオムツをしている子が大勢いると、オムツ換えに時間を必要とし、本来行うべき活動に支障が出てきてしまうからなんですね。

とは言っても、トイレトレーニングは頑張ったからと言って進むものではありません。

先生たちも、そのことは十分理解した上でのお願いだと思いますので、無理せず入園予定の園に相談してみてくださいね。

きっと個別に対応してくれると思います。

トイレトレーニングを始める目安は?

では、トイレトレーニングを始める具体的な目安をお話していきます。

目安は、お子さんが、発達段階でトイレトレーニングを始める準備が出来ているか?というところです。

参考にして、無理なくスタート時期の計画を立ててみてくださいね。

膀胱におしっこが貯められる

小さなうちは、膀胱におしっこを貯められず、ちょこちょことおしっこをします。

それがだんたんと膀胱におしっこが貯められるようになり、オムツが濡れる回数が減ってきます。

おしっこをする間隔がだいたい2時間以上は空くようになったら、始める一つの目安になるでしょう。

まだ貯められないうちにはじめても、何度もトイレに誘わなければならないし、トイレまで我慢するのが難しいでしょう。

おしっこがしたいという意思表示が出来る

しっかり話せなくても良いので、ジェスチャーや、特定の言葉でおしっこがしたいという意思表示が出来ることも大切になります。

もじもじする、股を触るなど、なんでも良いので意思表示が出来たらトイレトレーニングが始められます。

歩いてトイレまで行ける・ズボンの上げ下ろしが出来る

自分で歩いてトイレに行ける、ズボンの上げ下ろしが出来るということもトイレトレーニングには必要です。

トイレトレーニングに加えて、ズボンの上げ下ろしがうまく出来ないと、パパママやお子さんの負担が増えてしまうことになりますね。

これらが出来るようになるまでは焦らず、お子さんの成長を待ちましょう。

今から出来るトイレトレーニングの準備

トイレトレーニングを始めるにはまだ早い!というお子さんにも、今から出来ることはあります。

これらをやっているか、いないかで、トイレトレーニングがスムーズに進むかにも影響してくると思います。

ぜひ、参考にして今日から取り入れてみてくださいね。

トイレトレーニング始める前から出来ること

もっと詳しい解説は、トイトレの仕方を元保育士が解説します!をご覧ください。

トイレトレーニングの進め方

トイレトレーニングを始めるに当たり、どのように進めていけばよいのか説明します。

ななかまど
ななかまど

進め方は、その子によって向き不向きがありますので参考にして、お子さまに合った方法を見つけてみてくださいね。

トイレトレーニングと一言で言っても、基本的におしっことうんちでは、ウンチの方が難しいと思います。

おしっこは出来るんだから、うんちも出来ると考えずに、まずはおしっこさえ出来たらOKという気持ちで進めて見ましょう。

同様に、夜のお漏らしは全く別の物と考えましょう。

起きている昼間と寝てて無意識にしてしまう夜とでは全く違います。

夜のオムツが取れるのはまだまだ先の話なので、のんびり進めてくださいね。

ななかまど
ななかまど

トイレトレーニングは、6つの段階に分かれます。

トイレトレーニングの進め方

順番にクリアしていくわけではなく、③がダメならまた②に戻る。

②が出来たらまた③に挑戦してみるという感じで、進んだり戻ったりしながら進めていきます

もっと詳しい解説は、トイトレの仕方元保育士が解説します!で説明しています。

トイレトレーニングを成功させるためのコツ

トイトレを成功させるためのコツを図解にまとめました。

トイトレ成功する7つのコツ

ポイントは、お子さんやパパママが負担に感じることなく進めることです。

詳しくはトイトレが成功する7つのコツ!で解説しています。

トイレトレーニングに役立つグッズ

トイレトレーニングを進める上であると便利なグッズをご紹介します。参考にして準備を進めていただけたら幸いです。

補助便座

大人用のトイレに置くだけで、おしりの小さな子どもも安心して座れる補助便座は、あるととても便利です。

購入する場合は、水道でじゃぶじゃぶ丸洗い出来る物が良いと思います。

また、おまるタイプの前に掴むところがあるタイプは、私はおススメしません。自分で座れないので後々買い替えが必要になります。

↓こちらの商品は、取っ手が横に付いていることと、男の子のおしっこが飛び散らないようにガードがついているところが良いと思います。

踏み台

足をしっかりと付けることで、踏ん張りやすくなりますし、安定せず怖がるということも防げるので、台は合った方が良いと思います。100均などの簡易的な物でも十分ですし、補助便座とセットになった物もあります。

↓こちらのようなオシャレで機能性のある台も売っています。

ななかまど
ななかまど

我が家は100均の折り畳み出来るシンプルな台で代用してます。

ウォールステッカー

トイレは、小さな子どもにとっては狭くて暗くて怖いところです。

とにかく、トイレを賑やかで楽しいところにするのが怖がらないコツです。

好きなキャラクターを貼ったり、ウォールステッカーなどを活用して、賑やかな明るい雰囲気を作ってあげると良いです。

トレーニングパンツ(紙・布)

オムツのような紙タイプと、パンツのような布タイプがあります。

トイレトレーニングを一緒に見守る大人が負担にならないものをうまく取り入れていくと良いでしょう。

最初は6層の厚手のパンツがオススメ!

シール

必ず必要なわけではありませんが、シールはご褒美としてよく使われています。

安価で、子どもにもシールが増えていく様子が目で見て分かりやすく達成感を味わえるため、やる気アップにつなげるのにおすすめです。

絵本

絵本はトイレトレーニングを始める前から積極的に取り入れていくと良いですが、今からでは遅いということはありません。

トイレトレーニングと併用しながらでも十分効果はありますので、どんどん取り入れていくと良いと思います。

トイレトレーニングにオススメの絵本10冊も紹介しています。

おねしょシーツ

昼間、パンツで過ごせるようになってきた時に心配なのがお昼寝の時間ですね。

我が家では、お昼寝の前はオムツにしていましたが、嫌がる子や、オムツに変える前に寝てしまうこともあるかと思います。

防水のおねしょシーツがあると、布団まで濡れずに済むので便利です。

我が家は、夜大人の布団で一緒に寝るので、大人用布団の防水シーツも購入していました。

先輩パパママたちのトイレトレーニング

私が運営している#ツイッター子育て相談室でも、トイレトレーニングについてのさまざまなアイディアを教えてくれていました。

こちらは、大好きなキャラクターやシールを用いた方法ですね。

こちらは台を手作りする方法ですね。

焦らないことも大切です。

トイレトレーニングがうまくいかない時は、休憩しましょう

色々とお話してきましたが、トイレトレーニングはその子のペースに合わせることが大切です。

うまくいってたのに、急に出来なくなることもよくあることです。

ななかまど
ななかまど

トイレトレーニングに行き詰まったり負担に感じたら、一度やめてみるのも一つの手です。

「まだちょっと早かったのかな」くらいの気持ちで、気長に取り組んでみましょう。

トイトレ教材もあります

こどもちゃれんじポケットでは、

①絵本やDVDを使った意欲付け

②しまじろうのおもちゃを使って実践

③シールやポスターを使った習慣化

の3つをセットにして、無理なくトイレトレーニングを進められる教材が用意されています。

手ごろな価格で必要な物がしっかり揃っているので、保育者目線で見てもおすすめです。

特に、絵本だけではなくDVDとも連動させることで、子どもが楽しく学べます。

トイトレに絵本は効果的?おすすめ10選を元保育士が紹介!

トイトレの仕方を元保育士が解説します!

ブログランキング・にほんブログ村へ
悩み
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ななかまど
ななかまど

大学で発達心理学を学び、幼稚園教諭→保育士→妊娠を機に退職して、現在は娘、長男、次男の三児の母です。産後は、ベビーマッサージとスキンケアについて勉強。現在は、ドタバタ育児真っ最中です!!元保育士でも我が子には、怒ったり、イライラしたり、悩んだりする普通のママです。でもせっかくの子育て、楽しく出来たら幸せですよね?!アンガーマネージメントの心理療法を使って、気楽に育児を実現出来ました!あなたも一緒に辛い子育てから解放されて、楽育しましょ♪
趣味は、子連れ旅行です♪
Twitterで、ブログ更新情報や子育て情報つぶやいてます。気軽にフォローしてね♪

ななかまどをフォローする
ななかまどをフォローする
子育て楽

コメント

タイトルとURLをコピーしました