笑顔でパンツになれるトイレトレーニングkindleで販売中≫≫

【RISUきっず体験談ブログ】1カ月半で全クリした驚きの効果!口コミ・評判まとめ

RISUきっず体験ブログ
  • RISUきっずって効果があるの?
  • デメリットはある?
  • 実際に受講している人の口コミが知りたい!

RISUきっずの効果って実際どうなの?と気になりますよね。

ネットで上がっていた口コミには、次のようなものがありました。

良い評判
悪い評判
  • ゲーム感覚で出来る
  • 先生動画が良い
  • 賞状が届く
  • 自分から進んで勉強する
  • 問題を読んでくれる
  • メールで進行状況が把握できる
  • ブルーライトをカット!目に優しい。
  • タッチペンの反応が悪い
  • 料金体系が不満
  • 電源が手動
  • WiFiがないと使えない
  • キャラクターなどがない
  • ポイントでもらえるプレゼントが質素
  • スペシャル問題が難しすぎる

この記事では、ネットの口コミ・評判に加えて、実際に年中組4歳でRISUきっずを体験し、たった1カ月半で全ステージクリアした息子の体験談を紹介!

気になる効果や、進み具合・実際に利用してわかったメリット・デメリットも解説します。

1カ月半で全問クリア!効果は…

受講前
受講後
  • 1桁同士の足し算が出来る
  • 100まで数えられる
  • 数字を10まで書ける
  • ひらがなは一文字づつ読める
  • 文章は読めない
  • 一桁同士、一桁と二桁の足し算引き算が出来る
  • アナログ時計が読めるようになった
  • 毎日の勉強習慣が身に付いた

RISUきっずのメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • 先取り学習でも負担なく進められる
  • ポイントでやる気アップ
  • 自分専用タブレットで特別感
  • 先生動画が何度でも見られる
  • メールやマイページから進み具合を把握しやすい
  • 丸付け不要で自分だけで進められる
  • タブレットの操作性が低い
  • 基本料金が年契約
  • RISU算数に移行すると利用料金もかかる
  • タブレットを破損すると有料

この記事は、RISU Japan様からサービスを体験させていただき記事を書いています。

\ クーポンコード avg07a /

※お試し後継続しない場合は、タブレットの送料・保険料として1800円(税込1980円)がかかります。

目次

RISUきっずの良い口コミ・評判

good

まずは、RISUきっずの良い口コミをまとめました。

  • ゲーム感覚で出来る
  • 先生動画が良い
  • 賞状が届く
  • 自分から進んで勉強する
  • 問題を読んでくれる
  • メールで進行状況が把握できる
  • ブルーライトをカット!目に優しい。

ゲーム感覚で出来る

ゲーム感覚で勉強を進められる!という口コミが多数!

Twitterにもこんな口コミがありました。

RISUきっずは、全部で12ステージあり、12ステージがマップになっています。

RISUきっずマップ

1ステージクリアすると、次のステージに進めるようになっていて、

ゲーム感覚で次々挑戦したくなります。

ななかまど

息子もゲーム好きで、クリアして進んでいくのが楽しいようでした。

また、勉強を進めるとポイントが貯まるシステムで、貯まったポイントは景品と交換出来ます。

たまに出てくる鍵を貯めるとスペシャル問題にチャレンジ!

RISU

こういう工夫がゲーム感覚で進められる理由ですね!

先生動画が良い

受講中のママ

どうやって教えたら良いかわからない問題も、動画で解説してくれるので助かる!

受講中のママ

子どもも動画を楽しんで見ている!

という声が多数。

RISUきっずの動画は、一人一人の理解度に合わせて内容が変わります。

タブレット先取りの仕組み

一人一人のレベルに合った内容の動画がその都度届くので、必要な時に必要な動画を見ることが出来ます。

Twitterでもこんな口コミがありました。

ななかまど

息子も先生動画が大好き!先生の名前や台詞を覚えるほど何度も繰り返し見ていました。

賞状が届く

RISUきっずを全ステージクリアすると、賞状が郵送で送られてきます。

息子にも届きました!

RISU賞状

これは嬉しいですね!

引き続き、小学生コースの「RISU算数」へのやる気につながります。

Twitterにも喜びの声!!

自分から進んで勉強する

受講中のママ

自分から進んで勉強するようになりました!!

実はこの口コミを読んで、私は本当かなぁ?と疑っていました…。

当時上の子が、小学校の宿題を全然取り組もうとせずにかなり苦労していたので。

ところが、RISUきっずを受講した息子は、たった1カ月半で毎日の勉強習慣が身に付きました!!

これは、本当にビックリ!!

問題を読んでくれる

RISUきっずは、問題を読んでくれる機能が付いています。

だから、文章が読めなくても問題が理解できます。

受講中のママ

問題を読んでくれるので字が読めない3歳でも出来る!!

という口コミがありました!

ただし選択肢は読んでくれないので、わからないと呼ばれることもあります。

RISUきっず問題読み上げ

3歳から出来るかどうか?については、RISUきっずはいつから始めるのがベスト?3歳にはまだ早い?!という記事で解説しています。

ななかまど

選択肢は短いので、読めない子も文字を読む練習にちょうど良いです。

メールで進行状況が把握できる

ツイートにあるように、結構頻繁にメールが届きます。

RISUきっずメール

ブルーライトをカット!目に優しい。

RISUでは、お子様の大切な目の安全に最大限配慮し、ブルーライトを軽減する配色に加え、一般のタブレット教材によくあるゲーム類も一切ありません。また、先取りをしているお子様でも1日の平均学習時間は15分未満。目が疲れにくい範囲で、集中して取り組むめる仕組みになっています。

RISU公式HPより引用

と、RISUの公式ホームページにもあるように、RISUはとてもシンプル。

他の教材などによくあるご褒美のゲームもありません。

鍵を集めて出来るのも勉強のスペシャル問題(難しい問題)と徹底されています。

他の教材がご褒美ゲームなどがあるのに対し、RISUきっずはゲームのような物は一切ありません。

RISUをゲーム感覚で進められるのは、ステージがマップになっていたり、ポイントが貯まるということで、ゲームがあるわけではありません!

夢中になるのは勉強のみ。ある程度で疲れて自らやめます。

ななかまど

息子も夢中になるタイプですが1回の集中力は15分くらい。一日トータルでも1時間以上やってたのは、初日と全ステージクリアした最終日のみでした。

【限定クーポン】RISUきっずお試しキャンペーン無料体験する方法≫≫

RISUきっずの悪い口コミ・評判

デメリット

続いて、RISUキッズの悪い評判・口コミもまとめました。

  • タッチペンの反応が悪い
  • 料金体系が不満
  • 電源が手動
  • WiFiがないと使えない
  • キャラクターなどがない
  • ポイントでもらえるプレゼントが質素
  • スペシャル問題が難しすぎる

タッチペンの反応が悪い

RISU タッチペン

RISUきっずをやるお子さんは、入学前の小さなお子さんなので、思うように操作出来ないとイライラの元に…。

しかも、上のツイートでも言われているように、RISUきっずの最初の3ステージが、数を数える問題なんです。

RISUきっず問題

タッチペンが太いのに、数える物が小さすぎて数が多いので、チェックしながら数えられず、2回数えてしまったり、数え忘れることが多発!!

最初の3ステージを乗り越えれば、その後はスムーズでした!

まずは、一週間お試しで様子をみるのがおすすめです。

RISU算数
  • 読み上げ機能で学習をフォロー
  • AI搭載でちょうどよい問題が解ける
  • 入学後スムーズに学習できる
クーポンコード「avg07a」

料金体系が不満

RISUきっずの料金は年間30,000円(税込33,000円)です。

月々2750円と、そんなに高い金額ではありませんが、年契約のみ。

途中で退会しても、返金はありません。

RISUキッズの料金についての詳細記事を見る≫≫

さらに、RISUきっずが終わるとそのままRISU算数に移行します。

RISU算数になると、 年間30,000円(税込33,000円) にプラスして利用料金もかかります

この利用料金の決め方がかなり複雑。

RISUきっずが終わったら、RISU算数も続けて受講するつもりの方は、必ずRISU算数の料金も確認してから受講することをおすすめします。

RISU算数の料金も確認する≫≫

電源が手動

受講中のママ

電源が自動で切れないので、つけっぱなしでやろうと思った時に電池切れになる

という口コミもありました。

たしかに、電源を手動で切らないとずっとついたままです…。

これは他のタブレット教材でも同じで、終わったら消す!という習慣づけが必要ですね!

ななかまど

何度か教えたら出来るようになりました!

WiFiがないと使えない

RISUきっずは、WiFiに繋いでいないと出来ません。

受講中のママ

外出先でRISUが出来ないのは不便

という口コミがありました。

我が家でも、一度WiFiの調子が悪いことがあり、その時はWiFi設定画面しか表示されないため、勉強することが出来ませんでした…。

また、スマホとPCとテレビのYouTubeを同時に繋いでた時に、息子がRISUをやろうとして出来ない!ということがありました。

混雑してても使えません。

ただし、スマホを使えば裏技があります!!

外出時にもRISUを使う裏技

スマホがあれば、ネットワーク設定から、スマホとRISUのタブレットをテザリングすることでRISUが出来ます!ただし、スマホのデータ通信料は消費します。

キャラクターなどがない

RISUは、とてもシンプル。

タブレット内で、キャラクターやゲームなどの要素はありません。

デメリットとしてあげられていましたが、勉強に集中できてメリットにもなります!

ななかまど

キャラクター的な役割が、動画の先生にあると思います。

〇〇先生が好きー!!

と言って動画をよく見ています。

ポイントでもらえるプレゼントが質素

受講中のママ

ポイントでもらえる景品が質素

という口コミもありました。

たしかに、他教材に比べて景品は質素です。

息子は、景品が質素でもポイントが貯まっていくのが楽しいようで、問題なかったです♪

スペシャル問題が難しすぎる

鍵を集めると挑戦出来るようになるスペシャル問題ですが、Twitterのような意見がありました。

その通りだと思います。

結局鍵を使って問題を開いても、難しすぎて解けないので、解くのをやめてしまいます。

鍵の意味がないです…。

息子の場合、鍵を集めること自体が楽しいようなので結果的には問題ないのですが…(笑)

大人から見ると「もったいない」と思います。

実際に我が子が受講して得た驚きの効果

RISUきっずクリア

年中4歳の息子が、9月中旬からRISUきっずを始めました。

その1カ月半後、10月の終わりにRISUきっずを全てクリア。

RISUきっずを始める前と、クリアした後の息子のレベルをご紹介します。

RISUきっず利用前の息子のレベル

息子は、決して元々すごく勉強が出来るという子ではありません。

RISUきっずを始める前にやっていた学習は、2つだけ。

  • こどもちゃれんじのワークのみ
  • 100マス計算の足し算20マス

こどもちゃれんじは、上の子がやっていたのでDVDなどは上の子のをたまに見て、ワークのみを受講していました。

週末に少し進める程度で毎日の学習はありませんでした。

最近、数字に興味を持ち出したため、ネットでダウンロードした100マス計算の10マスのものからスタートし、20マスまで出来るようになりました。

RISUを始める前の息子のレベル

  • 1桁同士の足し算が出来る
  • 100まで数えられる
  • 数字を10まで書ける
  • ひらがなは一文字づつ読める
  • 文章は読めない

一カ月半後の息子のレベル

RISUきっずを受講後の息子のレベルは以下の通りです。

RISUきっず全クリア後の息子のレベル

  • 一桁同士、一桁と二桁の足し算引き算が出来る
  • アナログ時計が読めるようになった
  • 毎日の勉強習慣が身に付いた

そんなに進歩してない?!と思うかもしれませんが、1カ月半でこれだけの成果はかなりの進歩!

まだ年中ですが、正直小学生の準備はバッチリだと思います。

RISUきっずを通して出来るようになった「足し算・引き算・時計の読み」は小学生で勉強する部分。

小学生の先取りまでたった1カ月半でバッチリ身に付けたことになります。

さらに!!

小学生になって一番苦労するのが、毎日の勉強習慣を身に付けること。

RISUきっずをやっただけで毎日の勉強習慣がバッチリ身に付きました。

ななかまど

私が何も言わなくても、幼稚園から帰ってきたらRISUをやってから遊びます!

息子は4歳から始めましたが、年少3歳からの受講を考えている方は、3歳から始める目安や注意点などをまとめた記事も参考にしてみてください。

\ クーポンコード avg07a /

※お試し後継続しない場合は、タブレットの送料・保険料として1800円(税込1980円)がかかります。

【限定クーポン】RISUきっずお試しキャンペーン無料体験する方法≫≫

実際に体験して感じたRISUきっずのメリット

good

実際に私がRISUきっずを体験して感じたRISUきっずのメリットは6つ。

RISUきっずのメリット

  • 先取り学習でも負担なく進められる
  • ポイントでやる気アップ
  • 自分専用タブレットで特別感
  • 先生動画が何度でも見られる
  • メールやマイページから進み具合を把握しやすい
  • 丸付け不要で自分だけで進められる

先取り学習でも負担なく進められる

RISUきっずは、先取り学習が出来る!というのが売りですが、挫折せずに先取り学習が出来るのかな?と不安でした。

「息子のレベルとフィットした」というのもあるかもしれませんが、飽きずに取り組むための工夫がされています。

難しい問題をクリアしたら少し簡単な問題になったり…とすごく工夫されているのがよくわかりました。

問題ごとに100点という表示がでたり、ステージがマップになっていて、クリアすると新しいステージが出来るようになるというのも達成感を味わうのにすごく効果的でした。

RISUきっず問題

ポイントでやる気アップ

RISUポイント

問題を解いていくとポイントが貯まります。

そして、ポイントを貯めると好きな景品と交換出来ます。

景品自体は大した物ではありませんが、息子にとってはポイントを貯めるのがすごく楽しいようで、やる気に繋がっていました。

豪華な景品を目標にするのではなく、やるたびに増えていくというシステムがすごく良かったです。

一番低い1200ポイントで、スペシャル問題が解ける鍵と交換できるのですが、息子は鍵が欲しくて勝手に2回交換してしまいました…。

RISUきっずポイント

自分専用タブレットで特別感

自分専用のタブレットは、すごく嬉しいようでした。

普段、遊びにタブレットは使っていないので、大人が使う物という印象を持っていた息子。

自分だけのいつでも自由に使えるタブレットは、たとえ勉強であっても嬉しいようでした。

ななかまど

タブレット学習の利点ですね。

先生動画が何度も見られる

一度見た動画も含めて、何度でも先生の解説動画を見ることが出来ます。

動画の中には、解説動画だけではなく、先生の自己紹介動画や、ステージクリアおめでとう!というメッセージ動画もあります。

実は、息子は先生の自己紹介動画が気に入って、そればかり何度も見ていました…。

セリフも全て覚えてしまうほど…。

親としては、どうせなら解説動画を見て欲しい…と思っていましたが、結果的には自己紹介動画でも自由に見せておいて良かったと思います。

おかげで、RISUにすごく親しみを持って取り組んでくれました。

先生たちに親しみを持つと、自然と毎日タブレットを開くようになります。

RISUきっずに無駄なものは一切ない!と感じました。

メールやマイページから進み具合を把握しやすい

RISUきっずメール

RISUを進めると、メールが親に届きます。

今やっていることや、ステージクリアしたこと、新しい動画が届いたことなどを知らせてくれるので便利。

ちょうどRISUをやり終えて数十分後には届くので、本人が終わって落ち着いたところで、

ななかまど

今日はこんな問題やったんだね!

と会話することが出来ます。

ずっとついて勉強を見ていなくても、子どもの頑張りをその都度認めてあげられるのでとても助かります。

マイページからもその日にどれくらい勉強したか?などを詳しく確認できます。

RISUマイページ

丸付け不要で自分だけで進められる

今まで紙教材を使っていたので、終わったら必ず丸付けが必要でした。

毎日のことだとかなり負担になります…。

RISUきっずはタブレット教材のため、勝手に丸付けや点数まで出してくれるので便利。

先生動画で説明までしてくれます。

ななかまど

家事や上の子の宿題も見なきゃいけないので、とても助かります。

実際に体験して感じたRISUきっずのデメリット

デメリット

実際に体験して感じたデメリットもあるのでご紹介します。

デメリット

  • タブレットの操作性が低い
  • 基本料金が年契約
  • RISU算数に移行すると利用料金もかかる
  • タブレットを破損すると有料

RISUきっずを受講して感じたデメリットは、タブレットの操作性以外は料金についてです。

教材自体にはデメリットはないと感じました。

タブレットの操作性が低い

  • 手を付いていると、タッチペンが反応しづらい
  • タッチペンが太いのに、数える物が小さすぎる
  • 左下に重要なボタンがあり、誤って押してしまう

という、タブレットの操作性が悪いのはデメリットだと思います。

だいたい2週間くらいでイライラしない程度までは慣れました!

料金が年契約

RISUきっずの料金は年間30,000円(税込33,000円)です。

分割払いも可能ですが、年契約なので途中解約しても33,000円は支払うことになります。

いきなり契約すると、最初に33,000円支払うことになるので、お試しキャンペーンを利用して、1週間無料体験するのがおすすめです。

RISU算数
  • 読み上げ機能で学習をフォロー
  • AI搭載でちょうどよい問題が解ける
  • 入学後スムーズに学習できる
クーポンコード「avg07a」

RISU算数に上がると料金も上がる

RISUきっずの料金は、 年間30,000円(税込33,000円) のみですが、RISU算数に移行すると、プラスして利用料金もかかるので要注意!

RISU算数の料金体系はちょっと複雑なので、しっかりと理解してから入会するのがおすすめです。

RISU算数の料金について詳しい記事を読む≫≫

タブレットを破損すると有料

幼児のうちにタブレットを扱うと、どうしても破損してしまう可能性があります。

タブレット代は無料ですが、破損した場合は有料で新しい物と交換になります。

保険の適用対象となった場合は6,600円、それ以外は26,400円かかります。

大きな出費にならないよう注意が必要です。

ななかまど

RISUはテーブルでやる!使い終わったら棚に片づける!

というルールを設けて、破損のないように気を付けていました。

ただ、受講をスタートする際にタブレット代金は無料なので、他の教材に比べたら良心的です!

RISUきっずの詳しい料金説明を見る≫≫

RISUきっずを全ステージクリアした過程

口コミ

RISUきっず受講開始

RISU

申し込み後、土日も含めて5日くらいでRISUが届きました。

小さめの段ボールに入っていたのは以下の物。

  • タブレット
  • 充電ケーブル
  • タッチペン2種類(ピンクとブルー)
  • 説明書やパンフレット
RISUタブレット

始めに、簡単なWiFi設定をします。

スマホやタブレットと同様なので簡単です。

息子の反応

さっそく息子に見せると、大喜びですぐにやっていました。

我が家は、タブレットをあまり子どもに触らせていなかったので自分専用のタブレットがもらえて嬉しい様子!

早速やってみると、数問ごとに100点という表示が出るので大喜び!

RISU100点

100点が表示されるたびに見せに来ました。

また勉強を進めると、ポイントが増えるが嬉しいようで

もう280ポイントたまったよ!

と嬉しそうでした。

楽しく学べる工夫がされています!

気になるデメリットは3つ

ただ、やってみて気になる部分もありました。

初日から気になったのは以下の3点。

  • タッチペンの反応が悪い
  • 左利きには不便
  • 問題の読み上げ機能があるが、選択肢は読んでくれない

詳しく説明していきます。

タッチペンの反応が悪い
RISU タッチペン

まず、タッチペンですが、手がタブレット内の他の部分に触れていると

タッチペンがうまく反応しません。

タブレット操作になれていない息子は、ここでかなりイライラしていました。

押したいのに押せない…!

ななかまど

手をつかずに、ペンだけで操作するんだよ!

と何度も声掛けをしました。

後々慣れてきましたが、最初はかなり苦労した部分です。

左利きは不便

息子は左利きなのですが、問題を解く画面の左下に「最初に戻る」「答え合わせ」のボタンがあります。

RISUきっずボタン

このボタンを押してしまうと、まだ問題を解いている途中なのに戻ってしまったり、答え合わせに進んでしまう重要なボタン。

息子は左利きなので、このボタンを誤って押してしまいます…。

これにもイライラしていました…。

これも、だんだんと慣れてきて押さないようになりました。

ななかまど

お子さんが右利きなら問題ないと思います。

問題読み上げ機能はあるが選択肢は読んでくれない

RISUきっずには、問題を読んでくれる機能がついているため、文章を一人で読めない息子も一人で問題を解くことが可能!

ただし、読んでくれるのは問題部分のみで、選択肢の部分は自分で読むことになります。

RISUきっず問題読み上げ

息子は一文字一文字は理解出来ているので、だいたい大丈夫ですが、たまに聞きに来ることがありました。

文字を読む練習にはなりますね!

RISUきっずを初めて2週間の様子

時計

RUSUきっずを初めて2週間!

RISUきっずをやる日は10分~20分くらい。

全くやらない日も半分くらいありました。

平均すると2日に一回10分~20分やるという感じでした。

2週間で2ステージクリア

それでも2週間で全12ステージ中、2ステージクリア

数を数えよう➀~③に取り組んでいました。

RISUきっずマップ

意外と進まない原因は2つ

初日のやる気に比べると、意外と進まない印象でした。

なぜなら、息子は100まで物を数えることは元々出来ます。

それなのに、数を数える問題でかなり苦戦していました…。

進まない原因は2つ。

  • 問題が簡単過ぎる
  • タッチペンが太いのに、数える物が小さすぎる

一つは、100まで数えられる息子には簡単過ぎるため、つまらない様子。

「めんどくさい」という感じでタブレットを開いてもすぐにやめてしまいました。

もう一つは、タッチペンが太いのに、数える物が小さいため、数える時に一つ一つチェックして数えることが出来ません。

RISUきっず問題

不規則に並んだものは、一つ一つ数えていくしかないため、

途中で飛ばしたり、二回数えてしまい間違えることが多かったためやる気をなくしてしまうようでした…。

ななかまど

隣で一緒に数えることで、息子も頑張って取り組んでいました。

その後1か月で10ステージクリア

成長

数を数える問題をクリアすると、やる気もアップ!

その後の1か月で残りの10ステージをすべてクリアしました。

タブレット操作に慣れてきたのもやる気アップの理由の一つだと思います。

やる気にはムラがある

ただし、やる気にはムラがありました。

原因は、問題のレベルだと思います。

ステージの内容と、やる気を表にしました。

スクロールできます
ステージ数ステージ内容息子の様子
4~5足し算ちょうど良いレベルでやる気アップ
6~7引き算始めてやるので難しく苦戦…
8おおきいのはどっち出来る問題がたくさんでやる気アップ
9 比べてみよう 出来る問題がたくさんでやる気アップ
10とけいを読んでみよう難しくて停滞期…
11仲間分けをしよう息子には簡単
12さいごのテスト今までのまとめ。
ゴールが近いのでやる気アップ!

難しすぎてやる気をなくすのですが、必ずその後のステージで出来る問題があり、やる気を取り戻していました。

難しかった引き算や時計の問題は、先生動画を見たり、一緒に考えることでクリア出来ました。

先生動画で時計の「長針」「短針」という言葉を覚えました。

普段「長い針」「短い針」と教えていましたが、親以外の人が教えることで語彙も増えることを実感!

毎日の勉強習慣は身に付いた

帰宅後「RISUをやってから好きな遊びをする」というルールを設けることで、自ら進んでRISUをやってから遊ぶ習慣が身に付きました。

特に時間は決めず、本人のやる気に任せるようにしました。

全くやらなかった日は、上の子の習い事や外出で出来なかった日のみ。

他は毎日やっていました。

上の子は、小学生になり宿題を自分から取り組むことが出来ずに習慣付くまでかなり時間がかかりました。

入学前に毎日の勉強習慣が身についただけでも、効果としては大満足!

RISU算数
  • 読み上げ機能で学習をフォロー
  • AI搭載でちょうどよい問題が解ける
  • 入学後スムーズに学習できる
クーポンコード「avg07a」

【限定クーポン】RISUきっずお試しキャンペーン無料体験する方法≫≫

小学生コースRISU算数に移行

RISU賞状

RISUきっずを全てクリアして小学生コースに進んだことが、かなりの自信につながりました。

全てクリアした数日後、RISUから賞状まで届き、息子は大喜びでした!!

ななかまど

問題の組み方や賞状など、やる気にさせる!というのがとても上手だなと実感!

やる気はRISU算数に移行後も持続しています。

RISU算数へ移行した初日に1時間のやる気

RISU算数にレベルアップしたことがうれしくて、RISU算数初日は1時間もやっていました。

もちろん、一切強制はしていません。

小学生の問題が出来ることがとても嬉しい様子!

実力テストはない

RISU算数から受講すると、最初に実力テストがありますが、RISUきっずから移行した場合、実力テストはありません。

そのままRISU算数の1ステージ目から進むことになります。

急に難しくなるわけではないので、取り組みやすいです。

RISU算数になると、問題を読んでくれないので親が読む

RISU算数になると、問題読み上げ機能がなくなります

まだ文章まで一人で読んで理解することが出来ない息子は、ここで少しつまづいています。

今後は、私もついて問題を読む練習を進めていきたいと思います。

ななかまど

算数特化型教材ですが、国語力も鍛えられそうです。

RISUきっずはメディアでも話題!

news

RISUはたくさんのメディアでも取り上げられている話題のタブレット教材です。

など、他にもたくさんのメディアで取り上げられています。

※詳細は、RISU公式HPプレリリースにて。

これは、インターネットやスマートフォンなど、ITが世界的に浸透し、誰もが手にするようになった現代において「算数・数学」の重要性が高まって来た結果です。

2020年から、小学校でもプログラミング教育が教科に取り入れられました。

プログラミング教育とは、論理的思考を身に付けるための教育です。

知識を暗記することが重要とされていた私たちが子どもの頃とは違い、これからを生きる子どもたちは、物事を論理的に考え、問題を解決へ導く能力が重要だと、国家も認めているからです。

その基本となるのが、「算数」なのです。

RISUは、算数に特化したタブレット教材。

しかも学年に縛られず、個性を生かしてどんどん伸ばしていく先取り教育を取り入れた画期的な教材。

メディアがこぞって、RISUを取り上げる理由がここにあるのです。

【限定クーポン】RISUきっずお試しキャンペーン無料体験する方法≫≫

【RISUきっず体験ブログまとめ】入学準備はバッチリ!

RISUきっずを実際に体験してみて、RISUきっずの効果に驚きました。

小学生での勉強につまづくことなく、スムーズにスタートさせたい方には、RISUきっずがおすすめです。

気になるのはタブレットの操作性と、RISU算数へ移行後の料金

ななかまど

RISUきっずだけなら、入学準備をバッチリ終えて、毎日の学習習慣まで身に付くのなら、コスパ最高!

ただしRISUきっずは年契約で、途中解約しても返金はされません

1年かからずにRISU算数へ移行する可能性は高いので、RISU算数の料金も確認しておきましょう!

RISU算数の料金について詳しい記事を読む≫≫

まずは、一週間お試しキャンペーンを利用してみることをおすすめします。

タブレットの操作性なども1週間の無料期間で確認できます。

RISU算数
  • 読み上げ機能で学習をフォロー
  • AI搭載でちょうどよい問題が解ける
  • 入学後スムーズに学習できる
クーポンコード「avg07a」
RISUきっず体験ブログ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
トップへ
目次
閉じる