一歳の誕生日、何する?後悔しないお祝いアイディア8選!

一歳一升餅季節のイベント
この記事は約5分で読めます。
ななかまど
ななかまど

こんにちは!ななかまどです。

 お子さまの一歳の誕生日、何をしたら良いのだろう?と悩んでいませんか?

この記事では、一歳の誕生日によく行われているお祝い方法をご紹介します。参考にしてみてください。

スポンサーリンク

一升餅を背負う

 1歳の誕生日でよく行われている代表的なものが、一升餅ですね。

「一生、食べ物に困らないように」という縁起かつぎと言われています。

我が家も3人とも背負いましたが、立って歩く子、ハイハイを頑張る子、最初から「重ーい!」と泣き叫ぶ子と、それぞれ全く違った反応で良い思い出になりました。

一升餅を背負う際には、ぜひ動画撮影をおすすめします。

ななかまど
ななかまど

娘が、小学生になって弟の誕生日に、「自分が一升餅を背負っている所を見たい」と言っていましたが、残念ながら娘の時には写真しかとっておらず、見せられませんでした。たった一度の思い出なので、ぜひ動画に残しておくと良いですよ!

 でも、一升餅ってどうやって用意したらいいの?と悩みますよね。

我が家は、お餅1升あっても食べきれないだろうし…思い、お餅ではなく、お米でやりました。

ジッパー付の袋にお米を一升(10合)入れました。

重さも同じだし、「食べ物に困らない」という意味にも合っているので良いことにしました!

でも、やっぱりお餅が良い!という方は、ネットで簡単に購入出来ます。

名前を入れられたり、選びどりカードが付いているものもあり、便利ですね。

選びどり

選びどり

 1歳の誕生日で行うもう一つの風習に「選びどり」があります。

子どもの将来を占うイベントです。自宅にある将来に結び付きそうな物を並べて、1歳の子が最初に手にしたもので将来を占う!というものです。

例えば、「計算機=理系」「マイク=歌手」「お金=お金持ち」「本=文系」「筆=芸術家」「ボール=スポーツ選手」と言ったように、なんでもOK!

物を揃えるのが大変…という方は、無料でダウンロード出来るカードを紹介しているサイトもあるので、見てみると良いかと思います。

写真撮影

 一歳の思い出を写真に残しておくのも良いですね。

自宅での可愛らしい姿を撮るのもよいですが、スタジオで撮影するという手もあります。

我が家は、スタジオマリオをよく利用しています。

衣装を無料で借りられたり、データを購入出来たり、次回撮影料無料クーポンをもらえたりして便利ですよ!

 スタジオマリオでの撮影はネット予約がお得です!

飾り付け

誕生日飾り

 我が家は100均で誕生日用の飾り付けを購入しています。

100円でも可愛い飾り付けがたくさんあり、安ければ、毎年買い替えることも容易なのでおすすめです♪

可愛い飾りつけで、ホームパーティーを盛り上げましょう!

手形、足形を取る

 ちょっと面倒なのですが、絵の具を使って、手形や足形を取っておくと思い出になります。

後々、子どもたちが自分の手形や足形に合わせて盛り上がったりしています。

1歳の頃の小さな手足はあっという間に大きくなります。「今しかできない!!」ので、ぜひおすすめします。

絵の具を出してくるのが面倒という方には、手形スタンプがおすすめです。

発色もよく、綺麗に仕上がります。水で簡単に洗い流せるので便利!幼稚園の誕生日カードにもよく使われます。

初めてのケーキ

1歳でケーキ?!と思うかもしれませんが、1歳でも食べられるケーキを、レンジで簡単に作れるキッドが売っています。お値段も安い!

私も息子に作って見ましたが、お菓子作りが苦手な私でも簡単に出来ました!

でも、やっぱり不安…という方は、少し値が張りますが、出来上がったケーキも売っていますよ!

見た目も華やかになり、素敵ですね!

旅行

 少し豪華に!と考える方には旅行もおすすめです。

予約する時に、子どもの誕生日のお祝いで宿泊することを伝えると、宿によってはプレゼントや、夕食にお祝いの飾りをつけてくれるところもありました。

対応はお宿によって、ないところもあるとは思いますが、Go toキャンペーンを使って、お得に宿泊してお祝いも良いですね!

じゃらんでクーポンをゲット出来れば、Go to トラベルと併用してじゃらんクーポンも使えるのでお得です!

ママへ感謝状

 もし、パパがこの記事を読んでいたら、ぜひおススメしたいのがママへの感謝状です。

赤ちゃんの1歳の誕生日ということは、ママも、ママになって1年記念日です。特に第一子1歳の誕生日は、ママにとっても特別です。

子育ての仕方も全くわからず、毎日手探りで赤ちゃんと向き合い、昼夜問わず、泣いていればなぜ泣くのかと心配になり、寝ていれば、ちゃんと息をしているかと心配になり、

体重が減っていれば足りないのか?と心配し、体重が増え過ぎれば多すぎるのか?と心配する…。

正解のない子育ては、本当に孤独で大変な毎日だったことでしょう。

でも、子育てをして誰かに褒められたり感謝されることはありません。

感謝されるとすれば、子どもが大人になって子育ての大変さに気が付いた時でしょうか。何十年も先に話になりますね。

1年という節目で、一番頼りになるパパに感謝状を渡されたら、きっとママの今後の子育ての活力にも繋がるのではないかと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

一度しかないお子さまのファーストバースディ。ぜひ、ご家族みんなで素敵な思い出を作って見てください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
季節のイベント
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ななかまど
ななかまど

大学で発達心理学を学び、幼稚園教諭→保育士→妊娠を機に退職して、現在は娘、長男、次男の三児の母です。産後は、ベビーマッサージとスキンケアについて勉強。現在は、ドタバタ育児真っ最中です!!元保育士でも我が子には、怒ったり、イライラしたり、悩んだりする普通のママです。でもせっかくの子育て、楽しく出来たら幸せですよね?!アンガーマネージメントの心理療法を使って、気楽に育児を実現出来ました!あなたも一緒に辛い子育てから解放されて、楽育しましょ♪
趣味は、子連れ旅行です♪
Twitterで、ブログ更新情報や子育て情報つぶやいてます。気軽にフォローしてね♪

ななかまどをフォローする
ななかまどをフォローする
子育て楽

コメント

タイトルとURLをコピーしました